よくあるご質問

子供のピアノ個人レッスン編

各種レッスンや無料体験についてよくあるご質問

 

下記内容以外にもご質問やご相談がありましたら、お気軽にお電話かメールにてお問い合わせ下さい(^-^)


Q1.体験レッスンはできますか?

A.できます。お気軽にお申し込み下さい(^-^)

Q2.教室のピアノレッスンってどんな?(導入レベル)

A.まずは音楽の基礎を身に着けることを目指しています!音楽の基礎と言っても特に難しい事ではなく、まず拍子、リズム、音符が分かり自分で譜読みできる力(ソルフェージュ)を大切にしています

 

 初めて音楽を習い楽譜に触れる時から読譜する癖を身につけていないと、子供によってはピアノは弾けるけど楽譜に何がかいてあるのか分からない…という事態に。一体どうやって弾いているのか不思議です。先生や誰か大人がいないと新しい曲が弾けない…なんて事になっては困るので4歳でもしっかり楽譜を読んで弾いてもらいます(^-^) 

 

音符や拍子に少し慣れてきたら自分でリズム譜を作ったり、それに音を付けて楽譜にする子も☆いつか子ども達がピアノ以外の楽器も習いたいと思った時に、基礎を身に着けておくことで音楽をもっと楽しめることを願ってます( *´艸`)

Q3.発表会はありますか?年に何回、いつ頃の予定ですか?

A.あります。年1回 参加は任意 年少リトミックの子達にも発表会に参加してほしいので、クラスが卒業を迎える3月頃を予定しています。

Q4.発表会はどんな感じですか?

A.1年間練習を頑張ってきた子ども達が楽しめる場であってほしいと思って開催しています。曲は一人一人が頑張れる範囲のレべルで選んでいるつもりです。もちろん難しい曲にチャレンジしたい子は是非!でも発表会だからといって、子どもが全く理解できないレベル違いな曲を選んだりはしません。多少分からないことがあっても、乗り越えられる範囲の選曲をしたいといつも思っています(^-^) 因みに服装や髪形は自由。子ども達に自分をしっかり表現してほしいので『私ってかわいい♥』『オレいい感じ★』って思える服装での参加をお願いしています。スカートが嫌いな子はズボンで、カッコいい曲を弾くならジーンズ?猫の曲なら猫耳もOK☆

Q5.年少4歳です。個人レッスンはまだ早い気がするのですが…。

A.『年少リトミック』の体験レッスンへどうぞ。4歳では30分の個人レッスンに集中することが難しいのは当然。もちろん生まれながらのピアノ&音楽大好きっ子にとっては心の底から楽しい時間ですが、もちろんそんな子はなかなかいません…(笑)年少リトミック』はグループレッスンなので、みんなで音符を覚え、リズムの聞き分けをしたり、楽譜でドレミ…を覚えたり…。お友達と一緒であれば楽しく音楽を学び始めることが出来るかも⁉

Q5.子供に少し発達の遅れがあります。レッスンは受けられますか?

A.大丈夫です。軽度の発達の遅れ、目が不自由なお子様等どうぞご相談ください。保護者の方とよくご相談しながらレッスンしています。発達障害を持つお子様や全盲のお子様も通って下さってます(^-^)

Q6.園児でピアノ初めてです。自宅練習は子供一人でもできますか?

A.無理です(;゚Д゚)!特に導入期は必ず親のサポートが必要!一人で練習が出来るようになるまで練習するときは一緒にいてあげて下さい。特に導入期の子どもの大半が一人で練習しているとあっているのか間違っているのかよく分からず、何を覚えて、何を練習しなきゃならないのかよく分かっていないかも…。更に、子どもは少し出来るようになると親には傍にいてほしくないし、注意もされたくない…。そして親子バトル勃発…(T_T) それでも『ピアノの練習しておきなさいよ~。』と言って放置することは絶対にお勧めしません!キッチンや部屋の隅など、遠くからでもいいので困っていないかどうか横目でチラチラ見ててあげて下さい。そして褒めることも忘れずに!『頑張ってるね~』『もっと練習したらもっと上手になっちゃうね~』などなど。又、少し弾けるようになってからも自主的にピアノに向かって練習を始められる子以外は、親と練習時間をしっかり決めて毎日練習する事をお勧めします(^-^)

Q7.ピアノを習い始めたら自宅での練習が必要?

A.必要です。こどもの習い事には大きく分けて2種類あると講師は思っています。レッスンのみ受けて自宅での自主練習があまり必要ないものと、自宅でのしっかりした練習&復習が必要なもの。残念ながらピアノは後者です。自宅での練習量や宿題をしてくる事が非常に大切な習い事です。もしご自宅での練習時間の確保が難しかったり、お子様の練習をサポートする余裕があまりないのであれば、自宅での練習が必要ない習い事を選んだ方が良いかもしれません(^-^)

Q8.では、どのくらい自宅での練習が必要?

A.とても難しい質問です(;^ω^)…が、当教室の目安は子供のドヤ顔です!

もちろん『コンクールで賞を取りたい!』『審査員のいる場でよい評価を得たい!』…というような生徒さんは毎日数時間の練習が必要なことは当然すぎて言うまでもありませんが、おそらく当教室のHPを読んでいる方の大半はそんなレベルじゃなくていいんだけど…子どもには楽しんで習ってほしい…等と思っていると勝手に判断して書いています(^-^) 

 

 当教室に通って下さる生徒さんは4~5歳くらいからの小さなお子様が多く、ピアノを習うのが初めての子がほとんどです。そんな導入期の子供達がドヤ顔で『これ弾けるようになったよ!』『覚えたよ!』『もう知ってるよ!』と自信満々ハナタカで言っているのを楽しんで見ている講師

 

って言うのを見ていると安心します。(もちろん曲のレベルが上がってくれば一日の練習時間を増やしていかなければなりません…)導入期のドヤ顔が出来る子達のお母さんにこっそり自宅練習の様子を聞くと、家では親とバトルしながら涙目で練習&復習してるとはよく聞きますが教室では自信満々です!ドヤ顔最高!